毎日スキンケアをして敏感肌から解放されよう

ウーマン
  1. ホーム
  2. 美肌への近道

美肌への近道

美容液

正しいお手入れをすること

肌に合わない基礎化粧品を使い続けることは、肌トラブルの原因になります。また、間違った方法で行うスキンケアも、敏感肌にとってはダメージです。美しい肌とは、水分と油分のモイスチャーバランスが整った、きめが細かいなめらかな肌です。そういう美しい肌は、一周間や一ヶ月で作れるものではないです。肌にあった化粧品をこつこつ使い、正しいスキンケアを続けることが、敏感肌を改善し、美肌を作る近道です。化粧水には沢山の成分が含まれています。化粧水は保湿をするためにつけるものなので、保湿成分をチェックすることが大切です。敏感肌の人は、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤が入っていないかもチェックする必要があります。「パラベンフリー」と謳っていてもフェノキシエタノールを使用している化粧水もあるので要注意です。ただし、防腐剤は必ずしも悪ではなく、化粧水を劣化させないために必要なものです。防腐剤フリーの化粧水の場合は、使用期限を確認し、夏場はなるべく冷蔵庫に入れて早めに使い切ることが大切です。スキンケアで化粧水をつけるときは、コットンよりも素手がお勧めです。コットンは吸収力が強いため、ほとんどの化粧水を吸い取ってしまいます。また、タッピングをすると肌の過乾燥に繋がります。さらに、敏感肌の場合、コットンの繊維が刺激になるので注意が必要です。素手を使ってスキンケアをすれば、その日の肌の調子がわかります。それに素手の体温で化粧水の浸透力が高まるのもメリットです。